スターモバイル代理店ビジネスとは
スターモバイルに関することをあなたのHPやブログ・メール・SNSなどでお友達にご紹介することにより

スターモバイルに興味を持たれた方があなたの紹介リンクを経由してスターモバイルに登録すると

そのユーザーがサービスを利用している限り継続的に報酬が支払われるサービスです
もちろん、お知り合いに直接、ご紹介することも可能です

【市場背景】

「携帯料金が高すぎる」と菅官房長官が二度目の値下げを主導
日本人1人辺りの月々の携帯電話への支払額は1万円前後

【あまりない優位性】

格安SIMでよく言われる速度問題もあります

ソフトバンク回線と同等スピード

ドコモ回線は専用帯域を確保

と言われていますが遅いという声も多数

キャリア品質まで行かずに価格も高い

【市場ニーズ】

楽天モバイルやラインモバイルなどキャリアからの

格安SIMが登場しそちらをお勧めする方が

毎月の携帯代が安くなるのですから

喜ばれること間違いなしです

【あなたにとってのビジネスチャンス】

MVNO 格安SIMの新規市場に対して

最初から参加する権利を得られる絶好の機会です

総務省に媒介等業務届出書を提出し

正式な認可を得て始める正当なビジネス

誰でも簡単にできるビジネスで継続的な収入を得ることができます

なんて甘い言葉を言われていませんか?

よく考えてみてください

価格優位性が無いサービスに誰が入ります?

【代理店の役割】

このビジネスは人/場所/時間を選びません

申し込みは自身に配布される専用Webサイトで完結します

代理店としての役割は紹介やプランの説明になります

販売後のサポートや集金はスターサービスが実施してくれます

毎月高い携帯代と代理店費用を支払う人になるのがオチです

私は1年間やってきましたが入る人は0でした

絶対に損するのでやめた方が良いです

​代理店維持費用はわずか

7,500円/月

(別途初期費用が必要です)

代理店収益モデル

1.サポートコミッション

直接紹介による契約台数に対する4,860円の10%~30%/月(条件によ変わります)

2.デイリーコミッション 

紹介した代理店の数により250円/日~34万円/日

カウントされる代理店の数は自分の直接紹介の数だけではありません

自分の系列の代理店の総数になります

自分の系列の上が紹介して加入した代理店が自分の下に付きます

自分が紹介できなくても系列代理店は自動的に増えていきます

つまり、早くやった方が得ということです

1.サポートコミッション20%以上

2.デイリーコミッション

を受け取るには3人の直接的な代理店紹介が必要です

格安SIMの代理店ビジネスはこ終わりました

​このビジネスで継続的な収入を得ることはできません

無駄なお金を使うなら

FXなどの投資に回した方が有益ですね

代理店費用について

※必ずスターWi-Fi、スターモバイルD、スターモバイルSのどれかを利用する必要があります。

 

初月費用(税別表記)

スターターキット7,500円

正協会費(代理店費用)7,500円

初期事務手数料3,000円

SIM発行手数料1,000円

次月利用料4,860円

合計23,860円

 

継続費用(税別表記)

正協会費(代理店費用)7,500円

次月SIM利用料4,860円

合計12,360円

代理店ビジネス
お問合せフォーム

代理店ビジネスに関するお問い合わせを受け付けました

折り返しお返事いたします